とっても深い、濃厚なカレー|100時間カレーAMAZING グランツリー武蔵小杉店

所用で武蔵小杉へ。久しぶりにグランツリー武蔵小杉でお買い物。
なんか武蔵小杉って、垢抜けてますよね。特にグランツリーなんか、ホント、最近の武蔵小杉らしいというか、タワーマンションに住むセレブが買い物に行くって感じの、ちょっと高級感のある雰囲気。
それでいて、価格はそれほどメチャ高いという程でもないし、フードコートもあって、楽しめるんですよねー。
そんなフードコートで昼食をとることにしました。時間は11時半。この時間で既に、回転寿司の活美登利さんなどは大行列! ま、グランツリーの中のお店、どこに入っても美味しいですからねー。
並ぶのが嫌いないらちな私、空いているお店を探して、一周! 行列のないお店、はっけ~ん!

店舗外観|100時間カレーAmazing グランツリー武蔵小杉店

店舗外観|100時間カレーAmazing グランツリー武蔵小杉店

100時間カレーAMAZING 武蔵小杉店 さん
西葛西、駒込、浦安などに店舗のあるお店。この辺りですと、新丸子駅の近くにもあるカレー屋さんです。

待ち時間なしでラッキー♪と思ったら、私が入店した直後に10人ほどの行列ができて、ホントに一歩違いだったみたい

入口の右手にある券売機で食券を購入してから入店します。
グランツリー内の店舗ですが、nanacoやSuicaなどの電子マネーは使用できません。支払いは現金のみです。
ふとメニューに目をやると...

厳選した牛肉に、玉ねぎ、人参、セロリ、トマト、リンゴ、バナナ、マンゴー、パパイヤ、パイナップル等の香味野菜、果物をたっぷりと使い、20種以上の独自のスパイスと共に濃厚な味わいを引き出しています。100時間以上かけて作り上げるカレーには食材の旨みが凝縮されていて、特に玉ねぎは1人前に約1個分が溶け込んでいて、身体に優しい健康カレー。

↑うーん、そそられます。

実は100時間カレーはハヤシから始まりました。店主の作るハヤシライスが評判だったのが出発店。
このハヤシがあったから100時間カレーが生まれました。

↑ハヤシライスも捨てがたいですね。
そんな悩んだ私の目に飛び込んできた、魅力的な文言。
「店内限定、ハーフ&ハーフ」
うーん、素敵♪ 女子は少しずつ食べたい!
100時間カレー<濃厚ビーフ>の通常(マイルド)、中辛(ミドルジャワ)、辛口(ジャワ)、バターカレー、キーマ(辛口)、100時間ハヤシの6種の中から二種類を選べます。それぞれプレーン単独だと590円(税込み)のところを、ハーフ&ハーフだと690円(税込み)。お得でしょ。

ハーフ&ハーフ|100時間カレーAmazing グランツリー武蔵小杉店

ハーフ&ハーフ|100時間カレーAmazing グランツリー武蔵小杉店

100時間カレーのミドルジャワと、100時間ハヤシハーフ&ハーフをチョイス。ご飯は250gくらいはあるかと思います。せっかくなので、ソーセージ(120円:税込み)を追加しちゃいました。
テーブルの上には定番の福神漬けと特製辛味スパイスが置いてあります。

ハーフ&ハーフ・アップ|100時間カレーAmazing グランツリー武蔵小杉店

ハーフ&ハーフ・アップ|100時間カレーAmazing グランツリー武蔵小杉店

左側がハヤシ。ホントに味が深いです。濃厚な味わいで、長時間煮込んだハヤシであることは間違いないです。香りも深くて、飲み込んだ後に口の中に残る香りがなんとも良いですねー。
右側が100時間カレーのミドルジャワ。一瞬、こちらがハヤシじゃないかと思うくらいの黒さ。こちらもとっても深い味わい&香り。玉ねぎなどの具は完全に溶け込んでいます。でも、香りとしては、ちゃーんと残っていました。
どちらも濃厚でとろみがあります。推定粘度300cP(て、ラーメンかよ

以前、新丸子にある武蔵小杉店にも行きましたが、グランツリーのお店の方が広いし、開放感もあります。グランツリー武蔵小杉店はカウンターだけでなく、テーブル席もあり、女性のお一人様や家族連れなどでも気軽に入れます。テイクアウトもできますよ~。

濃厚な深~いカレーとハヤシを両方味わえて、トッピングにソーセージまでつけて810円(税込み)って、かなりお得でしょ。
トッピングもいろいろ楽しめるし、今度はバターチキンやキーマも試してみたいな。
ごちそうさまでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする