J1リーグ終了、川崎フロンターレは...

J1リーグの最終節、今シーズンのリーグ戦、最後の試合です。
今日、川崎フロンターレが勝って、浦和レッズが引き分けか敗戦だと、フロンターレが年間1位となるのですが...

  • 川崎フロンターレ 2–3 ガンバ大阪
  • 浦和レッズ 1–1 横浜Fマリノス

うーん...レッズが引き分けたのに、フロンターレは敗戦...しかも、2点先制して2-0からの逆転負けという、なんとも悲しい結果でした。
ということで、2016年 J1リーグ終了、年間勝ち点上位は...

順位 チーム 勝点 得点 失点
1 浦和レッズ 74 23 5 6 61 28 33
2 川崎フロンターレ 72 22 6 6 68 39 29
3 鹿島アントラーズ 59 18 5 11 53 34 19
4 ガンバ大阪 58 17 7 10 53 42 11

浦和レッズが年間1位、川崎フロンターレは惜しくも2位、そして3位に鹿島アントラーズとなりました。
この結果、Jリーグ・チャンピオンシップは、11月23日に川崎フロンターレ vs. 鹿島アントラーズの対戦カードで準決勝。川崎フロンターレのホームゲーム、等々力陸上競技場での開催となります。
その勝者が11月29日と12月3日に決勝戦を戦うことになりました。
1stステージの優勝が川崎フロンターレ、2ndステージ優勝が浦和レッズ、年間の勝ち点もこの2チームが突出していて、なんか3位の鹿島アントラーズは棚ぼたって気もしないでもないです。でも、こういう試合に強いのよね~、アントラーズってチームは。

そうそう、J1リーグは残留争いも大混戦で最終節。私の大好きなジュビロ磐田を含む4チームに可能性が残されていました。
アビスパ福岡と湘南ベルマーレのJ2降格は既に決定していましたが、ジュビロ磐田、ヴァンフォーレ甲府、アルビレックス新潟、名古屋グランパスに降格の可能性が残されていました。
で、本日の試合結果は...

  • ベガルタ仙台 0–1 ジュビロ磐田
  • ヴァンフォーレ甲府 0–1 サガン鳥栖
  • アルビレックス新潟 0–1 サンフレッチェ広島
  • 名古屋グランパス 1–3 湘南ベルマーレ

やった~、ジュビロ磐田勝利!!J1残留決定です。来シーズンもJ1で戦えること、嬉しく思います。
結果、2016年 J1リーグ終了、年間勝ち点下位は...

順位 チーム 勝点 得点 失点
13 ジュビロ磐田 36 8 12 14 37 50 -13
14 ヴァンフォーレ甲府 31 7 10 17 32 58 -26
15 アルビレックス新潟 30 8 6 20 33 49 -16
16 名古屋グランパス 30 7 9 18 38 58 -20
17 湘南ベルマーレ 27 7 6 21 30 56 -26
18 アビスパ福岡 19 4 7 23 26 66 -40

なんとなんと、名古屋グランパスがJ2降格となりました。
いやぁ、コレはビックリ!!
Jリーグ発足当時の10チーム、通称オリジナル10(テン)で数少ない降格未経験のチームだったのですが。
これでJ1リーグの地位をずっと守り続けているのは、横浜Fマリノスと鹿島アントラーズの2チームだけとなりました。浦和レッズ、ガンバ大阪、サンフレッチェ広島など、今では毎年優勝争いをしているチームでも、一度や二度はJ2降格を経験しているんですよね。ついに名古屋が降格...この衝撃は決して小さくないです。

さーて、話を戻してチャンピオンシップ。1stステージ優勝のプライドにかけて、川崎フロンターレに初の栄光をもたらして欲しいものです。勝利の祝杯でも上げたいところですね!


おーおお~ レッツゴー かーわさーき~♪


お~ ふーろーんたーれ~♪
川崎フロンターレのチャント(応援のコール)がJR南武線や東急東横線の発車メロディにも使われています。