上平間に川崎市動物愛護センターが移転新設

皆さん、ペットって飼っていらっしゃいます?
我が家はペット禁止のアパートなので、何も飼っていませんが、多摩川の堤防を歩いていると、ペットと一緒にお散歩されている方を多くお見掛けします。
そんなペットに関して、少々気になるニュース。

命学べる施設に 川崎市動物愛護センターが移転新設 床面積4倍に拡張 10月に着工

川崎市は、市動物愛護センター(高津区蟹ケ谷)を中原区上平間の市有地に移転し、床面積を4倍近く拡張した新センターの建設工事を10月から始める。市民やボランティアが集えるスペースを充実させ、手狭だった保護動物の収容スペースも広げる。「命をつなぎ、命を学べる」機能を強化し、来春の稼働を目指す。

川崎市の動物愛護センターが上平間に移転されるそうです。

ちなみに今現在の川崎市動物愛護センターの場所は...

住所:川崎市高津区蟹ケ谷119
井手病院の近くです。JR南武線の武蔵新城駅から市営バスに乗って、井田営業所前で下車して徒歩5分と、少々不便なところ。
そして今度の移転先は...

川崎市中原区上平間
JR南武線の鹿島田駅と平間駅から徒歩圏内。頑張れば、JR総武線の新川崎からも歩いて行ける距離です。
また近くには府中街道もあり、より、アクセスしやすくなりますね。
ご近所だし、気になるので、現地に行ってみました

動物愛護センター・移転先@川崎市中原区上平間

動物愛護センター・移転先@川崎市中原区上平間

場所は、神奈川県立川崎工科高等学校や川崎市立平間小学校の近く。以前まで、川崎市水道局の職員寮があった場所です。
さすがにまだ、建物はできていませんが、工事の準備というか、衝立は立てられていました。

動物愛護センター・事業計画のお知らせ

動物愛護センター・事業計画のお知らせ

事業計画が掲示されていました。敷地面積2,500.01平方メートル、延べ床面積は約2234.65平方メートル、とのこと。

川崎市動物愛護センター整備基本計画
市の基本計画を読んでみますと、中部学校給食センター(仮称)が隣にできるようです。こちらはだいぶ、進捗していて、ほぼ完成しているようでした。

【中部】(仮称)川崎市中部学校給食センターの新築工事について
給食センターは今年の12月から稼働するようです。

さてさて、動物愛護センター

動物のしつけ方や感染症の知識などを啓発する「適正飼養啓発室」や小学生に命の大切さを教える「研修室」、一時飼育や飼い主探しを行うボランティアが会議などに使える「市民協働室」も設ける。

↑とのこと。今でも同様の機能があると理解していますが、より強化されるようです。

また、動物エリアは収容室を現状の2~2.5倍に拡張し、収容動物の保護環境を改善する。現センターは事務所や階段にも囲いやケージを置き、動物を収容している状況だったが、ストレスを軽減し、より健康な状態にして飼い主が見つかりやすくしたい考えだ。保護可能な頭数は犬で現状の2倍の20匹、猫で2~3倍の20~30匹に増える。

↑とのこと。動物にとっても、より快適な環境になりそうです。

川崎って、都内よりもまだまだ自然が残っていて、公園もたくさんあるし、ペットにとっても住みやすい街だと思います。
新しい動物愛護センターが市民に有効に活用されることを期待しています。