素朴でシンプルな中華そば|中華青葉@アゼリア

ランチは川崎駅東口の地下街、アゼリア川崎。お昼前の時間帯、チョッピリ早いけど、帰宅してつくるのは面倒だし
どうせならいまだ利用したことのないお店に行きたい!と探索。何度か前を通ったものの、いつも行列の ラーメン屋さんが時間が早いからか、空いてる♪
ようやくの初訪問です。

中華そば 中野青葉 川崎アゼリア店
場所はアゼリアのレストラン街、グルメッセの25番出口の近く。 トイレを目指すとわかりやすいでしょう。
店内、暖簾をくぐってすぐ左に券売機があります。で、お品書きをみてビックリ

特製つけ麺|中華青葉

特製つけ麺|中華青葉

中華そば、特製中華そば、つけ麺、特製つけ麺の4つしかないの。
せっかくだから、チョッピリ豪華に「特製つけ麺(950円)」をお願いしてみました。
5分ほどで着丼、いっただっきま~す。

券売機|中華青葉

券売機|中華青葉

スープはとてもあっさり。
脂を除いた ”豚骨・鶏ガラベースのスープと、かつお節・さば節・煮干しを使った和風だしとを合わせた、まろやかさとコクを併せ持つダブルスープが特徴” なんだそうですが、ホントに油っぽさがなくて、すっきりしています。豚骨や鶏ガラは、あまり主張していなくて、少々のピリ辛はありますが、普通に飲めます。
ただ、なんか物足りない...ちょっと温かったし。
チャーシューは肉厚で食べごたえはありました。でもコレも、スープが温くて...もう少し温かいと、少しずつトロけて良い食感になっていくんですけどね...
あとは味玉、メンマなどトッピングはありましたが、特筆すべきほどでもなく、「特製」って言う文言には、少々の不満りって気がします。

は中太の縮れ麺で、スープとよく絡んでいました。
正直、麺もなんか普通すぎて、思ったほどの感動もなかったんですよね。美味しいことは美味しいんだけど。つけ麺だし、もうちょっとモッチリ感があっても良いんじゃないかなーって感じの、ソフトな食感でした。

麺、スープ、トッピング、いずれも優しくて懐かしさを感じる味ではあるのですが、あまりにインパクトがなく、しばらく再訪はないかな...が個人的な感想です。
ごちそうさまでした。