素朴な立ち呑み居酒屋のランチ|帆立屋@ミューザ川崎

今日のランチは川崎駅の西口。久しぶりにミューザ川崎にでも行ってみるかー、と思い立ち訪問。
牛タンの杉作は行列で、そこを横目に通り過ぎようとしたときに、目に入ったのがこちらのお店。
って言うか、今まで、こんなところにお店があることすら知らなかった(*_*)

店舗外観|帆立屋

店舗外観|帆立屋

帆立屋さん
なんとも素朴な入口。昭和レトロな雰囲気の暖簾をくぐると、いかにも夜は立ち飲み居酒屋さんって感じのつくり。
真ん中に10名くらいの大きなテーブルが一つ。その周り、壁側にはカウンター席、そしてテーブル席が2つほどと言うシンプルな内装。
ランチメニューは...
・豚バラ大根煮
・さんま開き
・アジフライ
・豚肉生姜焼き
↑の4種で750円(税込み)。

迷ったけど、アジフライ定食をチョイス。
5分ほどで到着。アジは大きめのフライが二尾。その後ろにはキャベツの千切り。マヨネーズとマスタードが添えられています。
サラダ、小鉢(切り干し大根)、お漬物、お味噌汁も付いてきました。

アジフライ定食|帆立屋@ミューザ川崎

アジフライ定食|帆立屋@ミューザ川崎

いっただっきまーす。
ウン、アジフライの衣はカリッとしていて良い歯ごたえ。アジも肉厚だし、結構、食べ応えあります。
切り干し大根もよく染みていて、深い味でした。サラダとおしんこ、お味噌汁は特筆すべきものは特になく、無難な感じ。
欲を言うと、ご飯…白いお米がなんか今一つで、あまり良いお米を使ってないのかな、って思っちゃった。ご飯が残念だと、全体的に残念な印象になってしまうのよね…。

量的には満足、味はそこそこ、価格もまぁまぁ、言ってみれば平均点
逆に言うと、大きく尖がった特徴がないから、差別化は難しいかも。それだからなのか、入り口が分かりにくいからなのか、ランチタイムにもかかわらず、満席になることはありませんでした。ま、待たずに座れて食べられるのはありがたいところもあるのですが。
女子率はかなり低い店舗のようですが、そこそこの価格でそこそこのランチ、外れクジを引くよりはマシと言ったところでしょうか。なんかこう書くと不味かったような印象を与えてしまいそうですが、普通に美味しかったですよ。
なんと言うのか、あまりに普通すぎて、無難に収まっていた店舗と料理でした。だから、メッチャ食べたーい!と言う感じではなくて、たまになんか懐かしくなって食べたくなる、そんな感じの味です。
ごちそうさまでした。