2017年のJリーグをテレビで見たい!|DAZN

2016年までは、Jリーグのテレビ観戦と言えばスカパー!でした。「スカパー!は、ぜんぶやる」ですっかりお馴染み。全試合、観ることができたんですよね。
それが2017年の明治安田生命Jリーグは一転。Jリーグは有料テレビ放送はパフォームグループと契約したため、ネット配信のDAZN(ダゾーン)と言う有料放送の契約をする必要があります。つまり川崎フロンターレの試合をテレビで生観戦するのは、DAZNしかないってことです。

ちなみにDAZNとスカパー、交渉はしていたようですが...
スカパーからの大事なお知らせ!
スカパー!で放送できるように交渉を続けてまいりましたが、成立に至りませんでした。
とのことです。

と言うことは今年はスカパー!ではJリーグを観ることができない、DAZNと契約するしかない、と言うことになりますね。
DAZNは月額1,750円(税抜き)で、契約すると、Jリーグだけでなく、テニスのATPツアー(男子)やWTAツアー(女子)、ラグビーのトップリーグ、アメフトのNFLなども観られるようになります。

スマホのキャリアがドコモの方には、月額980円(税抜き)のサービスが2月15日から始まります。
DAZN for docomo(ダ・ゾーン フォー ドコモ)

DAZNおよびDAZN for docomoで利用可能なデバイスは...

WEB OS
Windows8.1、Windows10、MacOSX以上のデバイス
WEBブラウザ
最新バージョンの「Google Chrome、Firefox、Safari、Internet Explorer、Microsoft Edge 」
MOBILE (アプリ)
iOS : 8.0以上のデバイス
Android : 4.4以上のデバイス
Amazon Kindle Fire (2014年以降)
テレビ
Amazon Fire TV
Amazon Fire TV Stick
Android TV (SONY 等)
LG Smart TV (2014以降)
Panasonic Smart TV (2014以降)
Sony Smart TV (2014以降)
Xbox Oneく
SHARP AQUOSココロビジョンプレーヤー(AN-NP40のみ)
まもなく対応予定
PlayStation 3
PlayStation 4
Chromecast
対応予定
Apple TV
TOSHIBA Smart TV

↑なんだそうです。
PCやスマホ、タブレットで観るのも良いですが、どうせなら、自宅のリビングのテレビで観たいですよね。
我が家のテレビはかなり昔のシャープ製だから未対応。
ってことは、Amazon Fire TVFire TV Stickが必要ってこと。

さてさて私、Amazon Fire TVを購入、そして今月よりDAZNと契約致しまして、プレシーズンマッチのDAZNのストリーミング生配信を視聴していました。
条件としては、Amazon Fire TV を使ってIEEE802.11ac(5GHz帯)の無線LANを使いました。
結論としては、全く問題ナシです。試しにデスクトップPCやスマホなどで動画を閲覧したりして負荷をかけてみましたけど...
最後まで快適に視聴に視聴できました

ちょっと気になったのは、デスクトップPCは少々古い機種なので、無線LANがIEEE802.11b/g接続(2.4GHz帯)なんですよね。こちらだと、負荷を与えたときに一時的に画質が悪くなる症状が発生しました。どうやら接続スピードに合わせて、標準画質モードとHD画質モードを自動で調整しているようです。

DAZNの画質比較:標準画質(上)とHD画質(下)

DAZNの画質比較:標準画質(上)とHD画質(下)

↑負荷を与えて(恐らく)標準画質モードになったのが上、通常のHD画質モードが下。スコアの文字のところをご覧頂くと、一目瞭然ですね(Jpeg圧縮しているので実際の画面は、両方とも、もうちょっと画質が良いのですが、違いは一目で分かると思います)。

やはり、接続する方法、お勧めの順有線LAN > 無線LAN IEEE802.11ac(5GHz帯) > 無線LAN IEEE802.11b/g(2.4GHz帯) > モバイル接続 ですね。単純に、一般的な通信回線の速さの順番です。Amazon Fire TVは有線Lでも無線でもLAN接続できるし、LANは5GHz帯の無線LANが使えるけど、Fire TV Stickは無線LAN、しかも2.4GHzのみって考えると、やっぱりお勧めはStickじゃなくて、Amazon Fire TVですね。
あとモバイル接続の場合、パケットの量にも要注意です。
DAZNでHD画質で視聴するためには、は9Mbps以上が推奨とのこと。と言うことは...
1秒間当たり、9 Mbps ÷ 8 = 1.1 Mbyteのパケット消費
1時間当たりだと 3,600秒 なので、1.1 × 3,600 = 3,960 Mbyte ≒ 4GB
つまり2時間視聴すると、下手したら8GBくらいのパケットを消費してしまうワケ。DocomoのパケットパックMパック5GBだとアウトですよね。
↑だから私、ウルトラパックのLパック、20GBのプランにしました。それでも、極力、Wi-fiで接続するように心がけています。

ま、我が家のテレビで観る分には、なんか問題なく視聴できそうだから安堵しました

サッカー・Jリーグは好きだけど、まだ視聴の準備をされていないという方、急いだ方が良いかも!? Jリーグ効果でAmazon Fire TV、かなり品薄状態です。Amazonのサイトを見てみると、本日現在、発送まで5~7週間待ちの状況です。