再来年、川崎駅前に水族館がオープン!?

新聞を読んでいたら、こんな記事を発見!
丸井が撤退して、今はシャッタービルになってしまっているルフロンですが...

JR川崎駅東口の商業ビル、川崎ルフロンは大規模改装に伴う集客の目玉として、2020年夏までに水族館を開業する。現在、川崎エリアには水族館がないことから、川崎市内だけでなく横浜市などからの来場者も含め、水族館だけで年間100万人の集客を見込む。同駅東口の商業施設は西口に立地するラゾーナ川崎プラザの集客力に押され気味だったが、水族館の開業で活性化につながりそうだ。

↑ですって!!
川崎駅前、ルフロンの改修で水族館ができるそうです!!!

反対側のヨドバシカメラがあるとは言え、駅前に廃墟があるってのはあまり良い印象は受けないので、なんとかならないかなー、なんて思っていたのですが、水族館なんて、なんか素敵ですよね。
そう言われてみると、この近くで水族館となると、大森海岸のしながわ水族館、品川のアクアパーク品川八景島シーパラダイス...そう考えると、ちょっと遠いですね。
旨いこと「空白区」を利用してやろう♪っていう、そのビジネスセンスは鋭さを感じます。

さらに...

水族館以外にも専門店や飲食店などの新規テナント誘致を進めている。1階には食品スーパーのライフが入居。改装対象フロアのうち95%以上でテナントの出店の意向を確認済みだという。丸井と並ぶ核テナントの一つだったヨドバシカメラは集客が好調なため、売り場面積を増やして取扱商品を拡大する。下層階は19年から順次リニューアルオープンする予定だ。

↑とのことで、賑やかに新装開店してくれそうです♪

記事にもあるとおり、来年の秋にはさいか屋さんの跡地に川崎ゼロゲートが開店します。
19年秋、川崎駅前にパルコが新商業施設開業へ|川崎ゼロゲート
↑詳しくはこちらをクリックしてくださいね。

ラゾーナ川崎のオープン、そして重ねての改修で、今や川崎駅の人の流れは西口がメインになりつつあるようです。
そうそう、2020年の春には、ミューザ川崎の隣にメトロポリタンホテルが開業して、ここには商業施設やレストランも入るようです。
川崎にホテルメトロポリタン|川崎駅西口開発計画
↑詳しくはこちらをクリックしてくださいね。

そうは言っても川崎駅東口には、アゼリアもあればダイスもあればモアーズもあるのですから、駅を中心として東口とか西口とか関係なしに川崎が盛り上がって欲しいですよね。

水族館は2020年夏までにオープンって話ですから、2年後には完成しているハズ、タノシミ、楽しみ♪