ついに150万突破!|川崎市の人口

今朝の新聞各紙、川崎市に関する気になるニュース!

川崎市、150万人突破 転入・自然増続く 全区で伸び
川崎市の人口が、4月24日に150万人を突破したそうです!

若い世代の転入も多く、出生数が死亡数を上回る自然増が続いていた。
↑なんだそうです。
確かに、中原区の武蔵小杉のタワーマンション群を始め、幸区でも新川崎スクエアの隣にパークタワー新川崎がオープンしたりと、マンション開発が進んでいますもんね。

人口は政令市で7番目。140万人を突破した2009年と比べると、7区全てで人口が増えているそうです。
ここ数年の川崎市の世帯数、人口、人口密度をグラフにしてみました。

川崎市の人口

川崎市の人口

一番右の平成29年だけ4月1日現在、他の年は10月1日現在の数字です。
平成29年4月1日の時点では、
世帯数: 710,526 世帯
人口: 1,496,035 人
人口密度: 10,364 人/km2
↑です。
4月に入り、転入者も多くて、24日に150万人を超えたってことですね。

2015年国勢調査結果を全国20政令市で比べると、15~64歳の生産年齢人口が占める割合は最も高く、65歳以上の老年人口の割合は最も低い。若い世代が多く、出生数から死亡数を引いた自然増加数は最も多い。
↑とのこと。
今や日本全体として、少子高齢化が進んで、人口も減少しているというのに、川崎市は正反対の挙動ってことです。
都内ほどゴミゴミしていないし、家賃も若干ですが安いです。それでいて、川崎駅前にはラゾーナ川崎やラチッタデッラなどがあって楽しめますし、武蔵小杉の商業施設もショッピングには最適。
しかも、横浜にも、渋谷にも、新宿にも、立川にも...いろんなところにすぐに移動できる便利さも兼ね備えています。
恐らく今後もしばらくの間、増加傾向が続くのでしょうね。

川崎市の人口動向、詳しくは...
川崎市:人口・世帯数
↑こちらをクリックしてくださいね。

皆さんの川崎お気に入りスポットや、川崎の良いところ、(逆に悪いところでも...)ありましたら、教えてくださいね。