つけ麺、はじめました|RAMEN火影 produced by 麺処 ほん田

久しぶりにラゾーナ川崎でランチ。なんか避けていたんですよね、ラゾーナのフードコート。いえね、7月8月の夏休みって、フードコートのお昼時って、家族連れで大混雑。どこのお店も行列だし、席を取るのも一苦労...
サラリーマン&OLには辛いのよ、一分一秒が貴重なお昼休みですから。土日だったら笑顔で眺めていられる家族連れも、心に余裕のない私は、平日お昼のランチの競争相手となると、見る目も変わってしまいます
フードコートに到着したのは、ジャスト12時。まだ周囲のビジネスマン&ビジネスウーマンが押しかける前、だから行列も少ない、ラッキ~♪
川崎駅側からフードコートにはいってすぐ、左手にあるのがラーメン屋さん。そのうちの一件に...

店舗外観|RAMEN火影 produced by 麺処 ほん田

店舗外観|RAMEN火影 produced by 麺処 ほん田

濃厚豚骨魚介つけ麺 6月1日販売開始 なんて、文字が!!

ということで、本日のランチは...
RAMEN火影 produced by 麺処 ほん田 さん

つけ麺日本一、中華蕎麦とみ田の自家製麺
心の味食品の麺処ほん田特製麺使用

↑とのこと。期待しちゃいますね。
ランチ・チョイスは、特製濃厚豚骨魚介つけ麺

カウンターで先に支払いを済ませ、待つこと10分。呼び出しブザーがブルブル&ピピー!、で、取りに行きます。
胡椒などの調味料、そして、つけ麺用のスープ割りはカウンター右にあります。

特製濃厚豚骨魚介つけ麺(990円:税抜き)+大盛り(100円:税抜き)

つけ麺|RAMEN火影 produced by 麺処 ほん田

つけ麺|RAMEN火影 produced by 麺処 ほん田

豚チャーシューの赤麺の黄色海苔のダークグリーンカイワレの緑ど、色鮮やか。

麺・アップ|RAMEN火影 produced by 麺処 ほん田

麺・アップ|RAMEN火影 produced by 麺処 ほん田

は太めの角ストレート麺、モチモチ食感で弾力あり、しっかり締まっていました。結構、コシのある麺です。
トッピングには豚チャーシュー味玉ノリ。豚チャーシューは薄切りで塩味が効いていて、ベーコンみたいです。味玉は黄味は柔らかめながらも流れないくらいの半生具合。あとカイワレダイコンが乗っています。

つけ汁|RAMEN火影 produced by 麺処 ほん田

つけ汁|RAMEN火影 produced by 麺処 ほん田

スープには柚子が入っていて、味も香りも優しく仕上げてくれています。濃厚と謳っているだけあって、少しトロみがあって、推定粘度100cP。甘味のあるつけ汁は、魚介の味がしっかりしていて、豚骨は僅かに感じる程度。だからかなりアッサリなスープに仕上がっています。
写真では沈んでしまっていて見えませんが、鶏チャーシューがメンマが入っていました。鶏チャーシューは厚切りのササミで、あっさりしていました。メンマはちょっとシャキシャキ感が足りないかなぁ...。

麺のモチモチ感が主張しながらも、全体的に優しい味に仕上がっていて、くどさがなく、すっきり完食できちゃいました(^_^)v

スープ割り|RAMEN火影 produced by 麺処 ほん田

スープ割り|RAMEN火影 produced by 麺処 ほん田

スープ割りも魚介系なので、つけ汁に加えると、と~っても優しいスープになって、飲み干しちゃいましたよ~。

太めの麺、チャーシュー&海苔、そして上にカイワレという見た目が、なんとなくですが隣の麺や 庄のさんを意識したのかな??なんて勘ぐってしまう私がいます。
どちらも太めの食べ応えある麺で、それでいてトロみがありつつもやさしいスープですもんね。
ま、選択肢が増えるのは、ありがたい話です。
ごちそうさまでした。

下の記事もご参考にお読みください。
あっさりだけどショッパイ|RAMEN火影 produced by 麺処 ほん田
モチモチの麺&トロトロのつけ汁|麺や 庄の