台湾まぜそば はじめました|らぁめん大山 川崎店

午後からお仕事で外出。取り急ぎ電車に乗る前にお昼を食べておきたいけど、あまり時間が無く...でも、今日はなんとなく立ち食いそばは嫌だなー、なんて思いつつ、取り急ぎ駅へ。
そうだラーメンシンフォニー、行こう♪
と言うことでJR川崎駅の駅ビル、アトレ川崎の地下へ。エスカレーターを降りて回れ右、一番奥まったところにあるのが...
らぁめん大山 川崎店 さん
こちらのお店、あっさり系からガッツリ系まで幅広く取りそろえているのが特徴。
桜エビの塩ラーメン、駿河塩そばはかなりのあっさり系。海の香りが味わえるラーメン。
対して大麺(たいめん)は、お店が噛む麺と言っているだけあって、モチモチの中太麺に「富士の鶏」と「げんこつ(豚骨)」をじっくり煮込んだコラーゲンたっぷりのスープ。こちらはガッツリ系。

で、今日の私のランチはと言いますと...
台湾まぜそば
↑台湾ラーメンと台湾混ぜそばが新メニューとして加わっていました。

ちょっと最近、まぜそばに凝っているので、ラーメンじゃなくてまぜそばの方。
そして台湾まぜそばにかかせないのが白いご飯。

5分ほどで着丼。
ウン、見た目が鮮やか。鷹の爪ニンニクを効かせたピリ辛ミンチの赤茶色ネギの緑、もやしの白、海苔の黒、卵黄の黄色と艶やか♪

台湾まぜそば|らーめん大山 川崎店

台湾まぜそば|らーめん大山 川崎店

こんな綺麗なのを混ぜるの、もったいないけど、思い切ってまぜまぜ。
もうね、見た目は気にしちゃいけないの、下に少しだけあるスープとからめながら、思いっきりまぜまぜするのが美味しくするコツね。

いっただっきま~す。
麺は中太麺、モッチモチ。アルデンテより、ちょっと硬いくらいの感じ。コシのあるウドンって感じかな。かなり食べ応えあります。
そしてピリ辛の挽肉、口の中にある間はそれほどキツイ辛さはないのですが、飲み込んだ後にジワジワ~っと来る辛さです。強すぎず、弱すぎず、結構、好みです。
まぜまぜするときに、ちょっと卵黄を避けておくのもアリです。後から加えると、辛さを包み込んでマイルドにしてくれます。
もやしのシャキシャキが食感に変化を与えてくれるので、飽きがこないんですよね、まぜると見た目は美しくないですが、味と香りと食感、どれも良い感じ♪

そしてもう少しで完食、と言うところで、そこに白いご飯を投入! そして、再びの思いっきりまぜまぜ。
台湾混ぜそばを出しているお店で、一部の店舗では「追い飯(おいめし)」って言う名前で、デフォルトで白いご飯が付いてくるところもあるのですが、大山さんは別料金。プラス100円必要ですが、コレね、絶対つけた方が良いの。炭水化物の麺に炭水化物のご飯...ダイエットの敵だけど...

ご飯・まぜまぜ後|らーめん大山 川崎店

ご飯・まぜまぜ後|らーめん大山 川崎店

ピリ辛ミンチ、そして底に残っていた少量のスープとご飯を絡ませると、正に挽肉のパラダイスや~♪ こちらも見た目は美しくないですが、味は最高ですよ。挽肉とご飯、合わない訳ないじゃないですか。
麺を食べるときに、適度に具を残しておくのが美味しく頂くコツかも知れません。

今度は台湾ラーメンに挑んでみようかな。
ごちそうさまでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする