新横浜で駅弁と言えば...|炒飯&焼売

旅行や出張の楽しみの一つ、駅弁
小さい頃は、何も急いで移動中の電車で食べんでもえーやん、ゆっくり座って食べたらえーやん...なんて思っていた私ですが、今となっては、移動中のお弁当もこれまた楽しいと思えるようになってきました。
新幹線のあの座席で食べる駅弁、旅気分を増幅させてくれるんですよね~♪
先日もサッカー観戦のために新横浜駅から新幹線に乗車。ちょうどお昼をまたぐ時間帯だったので、駅でお弁当を購入♪

店舗外観|崎陽軒(新横浜)

店舗外観|崎陽軒(新横浜)

横浜と言えば中華、横浜の中華と言えば崎陽軒、崎陽軒と言えばシウマイ!と言うことで、頭の中は焼売モード。
新横浜駅の駅ビル、キュービックプラザの2F、新幹線の東口のりばの真正面にあるのが 崎陽軒 キュービックプラザ新横浜店さん。ここね、いつも行列なの。タイミングが悪いと、品切れのものが多いのが難点。ちなみに今回も、本当はシウマイ6個入りのポケットシウマイ(昔ながらのシウマイ6個入)が欲しかったのですが、売り切れ...うーん、残念!
他にもキュービックプラザの3Fや新幹線新横浜駅の下りホーム(10号車停車位置付近)にもあります。
そうは言っても、焼売食べたいもん! 焼売の入ったお弁当が食べたーい♪と言うことで...

横濱チャーハン弁当(外箱)

横濱チャーハン弁当(外箱)

横濱チャーハン弁当(記事投稿当時 630円→ 現在は 660円:税込み)を購入。駅弁の中ではお値打ち価格ではないかと思います。
新幹線に乗って西へ、富士山を車窓に眺めながらお弁当...っと思っていたら、残念ながら富士山、雲で隠れちゃったました。
でもお腹は中華モードだから、いっただっきまーす。

横濱チャーハン弁当|崎陽軒(新横浜)

横濱チャーハン弁当|崎陽軒(新横浜)

チャーハン、鶏のチリソース、筍煮、きゅうり漬け、そして昔ながらのシウマイも入って630円。
炒飯はパラパラで冷めても美味しかったです。油でベチャっとしているとか、そんなこともありませんでした。
タケノコはシャキシャキで、きゅうり漬けもパリパリ。そして昔ながらのシウマイ、なんたって崎陽軒のシウマイですから、美味しくないワケがないです。一口であんぐり食べてしまうのがもったいないくらいです。豚肉と干帆立貝柱が出逢って生まれた豊かな風味が特長の冷めてもおいしいシウマイです。

ちなみに一緒に行った友人は...

焼売炒飯弁当(外箱)|デリカステーション新横浜

焼売炒飯弁当(外箱)|デリカステーション新横浜

新幹線改札の中にあるデリカステーション新横浜で購入した、焼売炒飯弁当(920円:税込み)。ちょっぴり高いけど、量も多いです、外箱が一回り大きいです。

焼売炒飯弁当|デリカステーション新横浜

焼売炒飯弁当|デリカステーション新横浜

そして焼売の数も多い...崎陽軒じゃ無いけど。国産豚肉と干しホタテのコクのある肉焼売と、海老の食感にこだわった海老焼売が入っています。
こちらもパラパラチャーハンで美味しく仕上がっていました。

帰宅して改めて調べてみると...
川崎駅で買って食べたいおすすめ駅弁|駅弁情報
新川崎駅や川崎駅の崎陽軒の販売所でも横濱チャーハン弁当は購入できるようです。知らなかった...
あー、こんな焼売の話を書いていたら、なんか無性に崎陽軒のシウマイ食べたくなってきたな。今度、新川崎の崎陽軒で昔ながらのシウマイ、買って食べよーっと。