ディープな川崎らしい焼き鳥屋さん|安兵衛

今でこそ川崎って、ラゾーナ川崎やらラ チッタデッラやらがあり、明るいイメージの街ではありますが、川崎と言えば工場の街・労働者の街
川崎駅の東口、仲見世通りなんか、そんな雰囲気がプンプンと残っていますよね。日が暮れてからあの辺りを歩くと、チェーンの居酒屋さんの看板も綺麗ですが、その合間に、昔ながらのディープな川崎を味わえそうな、個人営業の飲み屋さんが多数あります。

職場の飲み会で、そんなディープ川崎を味わえる焼鳥屋さんへ。
川崎駅から仲見世通りを進み、もう少しで第一京浜ってくらいのとこまで歩いたところで右へ。仲見世通りもそんなに広い通りではないですけど、さらに狭くて、偶然前を通りかかることはなさそうなところにあるのが...

店舗外観|安兵衛@仲見世通り

店舗外観|安兵衛@仲見世通り

安兵衛 さん
店内、1Fは厨房を加工用にL字のカウンター席、2Fはお座敷席になっていて、4人掛けのテーブルが4つほど。決して広くはないので、予約がお勧め。
外観もない感も、昭和レトロのニオイがプンプンしている、懐かしい感じのお店。
今日は2F席でしたが、この階段が急なこと!酔ってたら、転げ落ちちゃうかも!?

串焼き|安兵衛@仲見世通り

串焼き|安兵衛@仲見世通り

串焼きは、焼き鳥、焼きとん、野菜...いろいろありました。特製のチョッピリ辛めの味噌と辛子で頂きます。
お勧めは豚バラ巻。アスパラ、オクラ、トマト...野菜を薄めの豚バラ肉で巻いた串、最高に美味しかったですよ!
ただ、お店の閉店時間が21時なので、20時過ぎ頃から、徐々に品薄状態に...早めに注文しておいた方が良いでしょう。

アスパラ

アスパラ|安兵衛 川崎

アスパラ|安兵衛 川崎

ま、言ってみればアスパラベーコン♪
薄めの豚肉の中に硬めのアスパラ、この食感のコントラストが良いですねー。

えのき

えのき|安兵衛 川崎

えのき|安兵衛 川崎

香りも味もしっかりしています。エノキの食感がGood。

トマト

トマト巻き|安兵衛 川崎

トマト巻き|安兵衛 川崎

トマトにベーコン巻いて焼いて、少々のスパイス(七味)
酸味とスパイスがお酒を美味しくしてくれます。

ふくろ納豆

ふくろ納豆|安兵衛 川崎

ふくろ納豆|安兵衛 川崎

油揚げの中に納豆、そこに串を刺して焼いたもの。
お揚げの香りが芳ばしくて納豆の粘りけも悪くないですね。

食べ物に加えて、お酒もビールに日本酒、焼酎など、いろいろ置いていました。
でね、そのネーミングが良いの。
ごま焼酎を水で割り、そこにキュウリを入れたごまがっぱ(きゅうりだからカッパなのね)とか、ジンを炭酸で割ったジンタン割りとか、パッと見、何これ?と思わず頼んでしまいそうなドリンクがいくつか。
日本酒は新潟の地酒、越後桜を置いていました。

ディープな川崎を味わえる隠れ家、是非、皆様も行ってみてくださいね。