臨港バスの無料デー♪|川崎鶴見臨港バス

川崎およびその周辺に住んでいると、公共の交通機関のネットワークの広さに助けられますね。
我が家の最寄り駅はJR南武線の鹿島田駅ですが、歩くとそれなりに距離もありますが、バスを使えば、川崎駅、武蔵小杉などなどへ気軽に出られます。

一番良く利用するのは川崎市バスですが、時々お世話になるのが川崎鶴見臨港バス
その臨港バス、本日11月19日(日)は、なんとなんと80周年記念で無料で乗り放題!!

運賃無料デー実施および定期券値下げの実施について
↑詳しくはこちらをお読み下さいね。

ということで、せっかくだから、乗ってみよう!と、普段乗ったことのない路線に乗ってきました。
旅の開始!?は、新川崎交通広場。新川崎駅から跨線橋を渡った、シンカシティ、シンカモールの正面にあるバスターミナルです。
先日の、東急池上線無料デーでは、蒲田駅は人でごった返していたので、さぞかしすごい人なのかと思いきや...

新川崎交通広場|平成29年11月19日(日)

新川崎交通広場|平成29年11月19日(日)

↑それほどでもなく、いつもの閑散とした状況に、ちょっと拍子抜け。
バス停には張り紙。

臨港バス・運賃均一0円デー

臨港バス・運賃均一0円デー

これはひとえに、私たちを見守り続けてくれた、たくさんのお客様のおかげです。
だから、心からの御礼をこめて、ささやかですが
11月19日(日)終日
臨港バスは
運賃均一0円。

↑と、1番乗り場に貼ってある一方で...

臨港バス・日95線は無料じゃないのね...

臨港バス・日95線は無料じゃないのね...

11月19日(日)終日
臨港バスは
運賃均一0円ですが
日95(新川崎交通広場~日吉駅東口)は対象外路線となります。

↑2番乗り場には、こんな張り紙。なぜか、日吉に行くバスだけは例外なんだそう...チョッピリ残念

さてさて、乗りましたのは、鶴04新川崎線。新川崎から北加瀬~駒岡~二ツ池~寺尾を経由して鶴見駅西口に行く路線。

運賃無料・運賃箱には蓋、PASMO/Suicaも反応しません

運賃無料・運賃箱には蓋、PASMO/Suicaも反応しません

↑バスの運賃箱、現金を投入する部分は覆いが被せてあって、その上には

臨港バス創立80周年
いつもご利用いただきありがとうございます。

11月19日(日)終日
運賃0円。

↑と書いてあります。
運賃箱の電源そのものが切られているようで、PASMOやSuicaをタッチしても反応しないようになっていました。
バスはほぼ満席とまではいきませんでしたが、新川崎交通広場を出る時点で、空席は数席。

正直な印象としては、無料デーの認知度が低い...です。
だって、多くの乗客さんがPASMOでタッチしようとしているし、現金箱に運賃を入れようとして、入らないから困った顔...なんてシチュエーション、何回もお見かけしました。
乗客の無料デー認知率、60%くらいかな。

駒岡を過ぎたあたりから徐々に混雑するバス車内。少しずつ増えて行って、鶴見駅に着く頃には立って乗車の方も多数の状態でした。
どうやら混雑度は、場所や路線に依存していたようです。道中、同じ臨港バスとすれ違うのですが、新横浜行きのバスは超満員でしたから。そりゃね、鶴見からトレッサ横浜を通って新横浜まで無料ってなったら、メチャお得ですものね。

鶴見駅西口のバスターミナルでは、やはり路線によっては、バス停に長い列。うーん...新川崎線はローカル路線ってことなのかな???

鶴見駅西口にて|平成29年11月19日(日)

鶴見駅西口にて|平成29年11月19日(日)

新川崎にはいらっしゃらなかった、スタッフさんがいて、乗客の方を整理されていました。
乗り放題だから、行こうと思えばここから、それこそ新横浜とかにも行けちゃうんですよね。ま、今日は時間がなかったから、鶴見でお昼を食べて買い物して帰っただけですけど。

新たな移動手段を発見した嬉しさと、無料の嬉しさとで、なんだか得した一日でした♪