住みたい街ランキングが発表されました|SUUMO

毎年、ニュースになるので、既にご覧になった方も多いかと思いますが、今年もSUUMOの住みたい街ランキングが発表されました。
住みたい街と言えば、吉祥寺!が定番でしたが、2018年の済みたい街ランキングを見てみますと...

駅(路線) ポイント
2018 2017 2016 2018 2017 2016
1位 3位 3位 横浜(JR京浜東北線) 995 460 452
2位 2位 1位 恵比寿(JR山手線) 822 511 600
3位 1位 2位 吉祥寺(JR中央線) 774 586 520
4位 5位 13位 品川(JR山手線) 552 346 279
5位 7位 7位 池袋(JR山手線) 544 319 350
6位 6位 4位 武蔵小杉(東急東横線) 542 321 411
7位 12位 8位 新宿(JR山手線) 527 253 314
8位 4位 6位 目黒(JR山手線) 520 366 364
9位 15位 21位 大宮(JR京浜東北線) 511 220 150
10位 19位 32位 浦和(JR京浜東北線) 430 177 122
11位 10位 12位 渋谷(JR山手線) 402 274 281
11位 8位 11位 中目黒(東急東横線) 402 312 283
13位 11位 4位 自由が丘(東急東横線) 366 266 41
14位 14位 14位 鎌倉(JR横須賀線) 356 224 238
15位 18位 15位 中野(JR中央線) 350 178 206

2017年、2016年の順位とポイントも併記しておきました。

おっと、1位は横浜ですね!
なんとなんと、東京以外の街が首位に輝いたのは初めてとのこと。

横浜は、東京駅や新宿駅まで電車で約30分と交通が便利な上、商業施設やレジャー施設も豊富。都心のマンション価格などが高騰する中、相対的に魅力が上がっているという。

↑納得ですね♪

この調査での横浜とは、横浜駅を中心とした半径2キロ圏内を主に指すそうなのですが、横浜駅から2km圏内と考えると、みなとみらい、三ツ沢公園なども入りますし、通勤のし易さと生活し易さを兼ね備えた横浜が評価を上げたということなのでしょう。
もともと横浜って、イメージ良いですもんね。

都心にありつつ、公園の緑もあり、それでいて通勤のし易さなども評価されていた吉祥寺ですが、今年は3位。

タワーマンション|武蔵小杉

タワーマンション|武蔵小杉


タワーマンション建設ラッシュの武蔵小杉は今年も6位に君臨!交通の便の良さと、グランツリーなどのちょっと垢抜けた商業施設、昨今のイメージ急上昇は相変わらずですね。
ちなみに川崎は284ポイントで20位でした。

あと、同時に穴場だと思う街ランキングも発表されまして...

順位 駅名
1位 北千住
2位 赤羽
3位 池袋
4位 大塚
5位 駒込
6位 巣鴨
7位 田端
8位 川崎
9位 綾瀬
10位 和光氏

↑おっと、川崎8位が躍り出ています。また、元住吉11位でした。
どちらも、都心ほど家賃が高くなく、物価も23区内よりは少しだけ安いので住みやすいんですよね。

私自身、7年ほど前に川崎に転居してきて、家探しをした身ですが、23区内から多摩川を越えると、広さや築年数などの条件が同程度の物件を比較すると、家賃が1~2割程度、下がるのを感じました。
当時の職場は蒲田でしたが、今住んでいる新川崎・鹿島田エリアは蒲田までは自転車圏内でしたから、チャリ通勤していました。満員電車に乗らなくて済んだので、気分的にとっても楽でした。

Profile用画像 300x300

新川崎・鹿島田エリア


さすがに「新川崎」とか「鹿島田」はマイナーすぎますし、川崎や武蔵小杉の影に隠れて、「住みたい街ランキング」には出てこないでしょうけれど、本気で住みやすいと思いますよ!
南武線に乗れば、川崎・武蔵小杉・溝の口・登戸・府中本町・立川まで一本。総武快速線・湘南新宿ラインに乗れば、横浜・東京・渋谷・新宿などにも一本ですからね♪

下の記事も合わせてお読みいただけると嬉しいです。
転居の季節ですね|引越業者比較サイト
引越の業者選択、迷いますよね。そんなときのご参考にどうぞ。

住みやすい街はどこ?|新川崎・鹿島田の家賃相場
ワンルーム、1LDK/2K/2DKタイプ、2LDK/3K/3DKタイプの家賃を調べてみました。

このサイトに辿り着いた方の中には、この春から関東に転勤・転職・進学、なんて方も少なくないと思います。
お勧めですよ、新川崎・鹿島田エリア♪