ガブリつきたくなるチキン♪|がブリチキン。 武蔵小杉店

南武線に東横線、そして横須賀総武線湘南新宿ラインと、とにかく便利になって高層マンションがボンボン建っている赤丸急上昇の武蔵小杉

今日のディナーは、そんな小杉の駅から、歩いて1,2分の近さにある鶏料理のお店。

店舗外観|がブリチキン。武蔵小杉

店舗外観|がブリチキン。武蔵小杉

がブリチキン。 武蔵小杉店
↑チキンの後ろの”。”がポイントなのでしょうね。モーニング娘。みたいな。
武蔵小杉駅からですと、北口(下丸子側)を出て、バスターミナルに沿って右へ。横断歩道を渡って、東急東横線のガードをくぐってすぐのところ。駅改札口から徒歩3分♪

厨房|がブリチキン。武蔵小杉

厨房|がブリチキン。武蔵小杉

店内、中央に厨房があってそこを囲むようにL字型のカウンター、それを囲むようにテーブル席のつくり。
正直、テーブルは狭いですが、綺麗に清掃されていました。

こちらの看板メニューは骨付き鶏
鳥のもも肉を、丸ごと一本。特製スパイスをふりかけてじっくり焼き上げた、四国は香川・丸亀名物の鶏料理です。
ちゃんとオーブンで焼いてくれるので、20~30分ほどかかります。時間はかかりますが、待ってでも食べる価値のある一品です。

硬めの食感のおや鳥とひな鳥の二種類があるのですが、せっかくだから比較してみたい!ということで、両方ともちゅーもーん。

おや鳥|がブリチキン。武蔵小杉

おや鳥|がブリチキン。武蔵小杉

↑まずはおや鳥から登場。お願いすると、一口サイズにカットしてくれます。
こちら、ムンギュッとした、かなりしっかりした弾力のある歯ごたえ。そこをギュギュ~っと噛みしめるとジュワ~っと肉汁。ひな
味付けは結構、濃いめ。お酒が進みますね。

ひな鳥|がブリチキン。武蔵小杉

ひな鳥|がブリチキン。武蔵小杉

続いてひな鳥。写真撮ってたら、切る前にもどうぞ、なんて店員さんがカットする前に一枚撮らせてくれました。ありがとーございま~す♪
こちらは、対照的にとっても柔らかいお肉。で、やっぱり噛むとジュワジュワ~っと肉汁が口の中に広がります。
オーブンで焼いたモモ肉、炙り出た鶏の脂もしっかりお皿で受け止めて、これが決してクドくなく、良いスパイスになっています。

そしてもう一つの名物がから揚げ。
から揚げっていうと、もも肉を想像する方が大半で、そうでなくても、むね肉って方が多いんじゃないかと思います。
がブリチキンさんでは、ほねなしもも(100g:350円:税抜)、ささみ(100g:300円:税抜)、鶏とろ、砂肝(100g:350円:税抜)等々、種類も多くて面白いです。
お勧めは、からあげ三種mix揚げ。上の6種の中から好きな三種類を選べるんです。

唐揚げ三種MIX|がブリチキン。武蔵小杉

唐揚げ三種MIX|がブリチキン。武蔵小杉

ささみ(写真左)
脂身の少ない部分なので、サッパリ系。でも、ボソボソってことじゃなくて、程よい柔らかさもあって、ペロッといけちゃいます。

ほねなしもも(写真中)
唐揚げの定番中の定番。ジューシーで脂身も程良く、絶対に食べるべき一品!

鳥トロ(写真中)
トロの名のとおり、かなり柔らかいです。ジュワ~っと広がる肉汁は最高ですねー。

あ、もちろん、鶏以外の料理もおいしいですよー。
さっぱり豆腐サラダ

さっぱり豆腐サラダ|がブリチキン。武蔵小杉

さっぱり豆腐サラダ|がブリチキン。武蔵小杉

脂たっぷりの骨付き鳥&からあげの合間には、お通しの塩だれキャベツかサラダ。
お豆腐、レタス、キュウリ、オニオン...いろいろ乗った色鮮やかなサラダは、鶏の合間にはかかせません♪

ビールやハイボール中心ですが、ドリンクも充実。
一人3千円も出せば、十分お腹いっぱいになります。
ホットペッパー
・コース利用時もOK♪【10%OFF】
・飲み放題付きコースに+300円で【漬け込みハイボール】も飲み放題に出来ます♪
お得なクーポンがあります。

がブリチキン。 武蔵小杉店
↑こちらをクリックしてくださいね。

ごちそうさまでした。